お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5982

再診・その他のお問い合わせ

03-5701-6480

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

かみ合わせ

石持デンタルオフィス
石持デンタルオフィスへのお問い合わせ:03-5701-6480

かみ合わせ

お口の中の健康を考えたときに虫歯・歯周病と並んで気をつけなければいけないのが咬み合わせの問題です。
これは上の歯と下の歯にかかる力や状態の問題です。
歯が壊れてきて(虫歯)、歯茎が弱ってきて(歯周病)、そして、歯を揺らす力が加わる。このような状態が続くと痛くて噛めない、美味しいものが食べられない、最後には歯が抜けることにつながります。
きちんとした噛み合わせを維持することが大事な歯を守ることになり、いつまでも美味しいものを食べていくことにつながります。

咬み合わせの問題点とは

咬み合わせの問題点とは、大きく分けて2つあります。

1つは上と下の歯を咬み合わせるのに上手く噛めなかったり、噛むところがわからなくなっていたり、歯が抜けていて食べ物がよく噛めない、大きな入れ歯のため噛む位置がわからずいつも痛くて食事が食べられないなどの困難を持っている問題です。
このようなケースは新しい噛み合わせを作るために、クラウン・ブリッジ・入れ歯等を作製する必要もでてきます。

もう一つは自然に誰もが行ってしまう上と下の歯の歯牙接触の問題です。よく聞くものとして代表的なものは、寝ているときに起こる歯ぎしりですが、昼間に行うものもあり、結果的に歯を壊したり抜けてしまったり、顎を動かす筋肉にトラブルを起こしたり、顎関節に問題が起きてきたりします。
きちんと作った噛み合わせもこの上下の歯の接触で破壊されることがあるのでしっかりした対応が必要です。

第一の問題、“うまく噛めない”

このようなケースが問題

  • 上下の歯の噛み合わせが安定していないで困っている。
  • 抜けているところがたくさんあり、食べ物がうまく食べられない。
  • 入れ歯を入れているが噛むところがわからない。

これらのケースでは新しい噛み合わせを作っていく必要があります。
長い間きちんとした噛み合わせで噛めていないと、顎を動かす筋肉もどこに顎を誘導していけばいいのかわからなくなっています。顎を動かす筋肉は咬み合わせの一が安定しないことで、戸惑い、動きも複雑化し、自らに痛みを生じたりします。
顎関節にも痛みが出たり、音がなるようになったり、動きが悪くなったりします。
また、入れ歯が痛くて噛めないなどの症状も咬み合わせの不調から起こることが多いです。
いつまでたっても痛みが消えないときなど抜本的な咬合治療が必要です。

治療は、きちんとした診断後、虫歯・歯周病の問題を解決した上で、クラウン、ブリッジ、インプラントや入れ歯によって行っていきます。
いくつもの選択肢から皆様の希望を最大限考慮し最適な治療法を選択します。
このときにはいろいろな説明をさせていただき、十分な時間をとって方針を決めていきます。
しっかりとした治療をして皆様に最適の咬み合わせを作り、美味しいものを食べ続けられる口の中の健康を獲得しましょう。

第2の問題、“上下の歯の継続的な接触”

このようなケースが問題

  • ブラキシズムと言われる夜間の歯牙接触
  • 昼間に行っている習慣性歯牙接触症

この第2の問題は、きちんとした咬み合わせをしていたとしても昼夜を問わず行われるものです。
この行為は決して異常な物ではなく多くの方が自然に行っていることになります。
特徴としては、歯牙接触の時間は短いがかかる力がとても強いということです。
ストレスが強ければ思い切り噛んでいる可能性があります。
また、自分ではこの行為をしていることの自覚がないことも特徴で、その分破壊が進行してもわからないので厄介です。
結果としてブラキシズムにより歯が壊れてきたり抜くにいたたりすることがあるので、歯を守るという観点からはとても重要な問題です。

夜間のブラキシズムは日本では歯ぎしりという言葉でよく知られています。
歯ぎしりはブラキシズムの中の1つで音がするのでわかりやすいものですが、他に食いしばりやカチカチと音のするタッピングなどがあります。
この行為は夜寝ているときに昼間や昔の出来事をリプレイするものだと言われています。
睡眠の中の深い眠りに入るまでと覚醒時の浅い眠りの時に行っています。
夢を見るとても短い時間と言われています。
ストレスの強い時、疲れている時などによくやるようですが、習慣的に毎日している方も多いです。
ほぼ全員が対象になります。このようなブラキシズムへの対処法はソフトもしくはハードタイプのマウスガードを装着することで守っていくことができます。ブラキシズムの兆候が指摘されたらマウスガードの装着を始めましょう。

昼間の習慣性歯牙接触症は、日常の集中するような行動時、例えば、料理を作っている時やコンピューターの打ち込みをしておるような時、物思いにふけっているような時など、に上と下の歯を擦り合わせていたりします。
本人は気づきづらくブラキシズムと同じようなトラブルを引き起こすこともあります。
特徴としては、弱い力で長い時間歯牙接触を起こしているということです。その分障害は小さいと考えられますが、早く気づいてやめるようにしたいところです。

PAGE TOP