お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5982

再診・その他のお問い合わせ

03-5701-6480

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

     

当院の歯周病治療について自由が丘の歯医者(歯科医院)をお探しなら|石持デンタルオフィス

石持デンタルオフィス
石持デンタルオフィスへのお問い合わせ:03-5701-6480

当院の歯周病治療について

歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病という言葉は今ではかなり皆様に認知された言葉になってきていると思われますが、少し解説をしていきましょう。歯周病とは今まで一般的には歯槽膿漏と言われていたもので、この歯周病の中には歯周炎と歯肉炎があります。炎とあるようにどちらも長期の炎症により悪くなる疾病です。

歯周炎と歯肉炎の違いは、

歯肉炎:歯肉に炎症があるが、その下にある歯を支える骨が溶けて(吸収して)いないもの。若い人に多い。

歯周炎:歯肉に炎症があり、骨も溶けて(吸収して)いるもの。30歳以降に多い。

>歯周病は早期発見が大切です。

歯周病は、歯周病原因菌により歯肉に継続的に炎症を生じることで骨が溶け結果的に歯が抜けていく病気です。炎症を起こす原因菌の棲息する場所は歯周ポケットと言われる歯と歯茎(歯肉)の隙間で、ここが炎症の主戦場です。細菌はポケットの中でバイオフィルムという集合体(言い換えれば戦における城と言えるかもしれません)を作り、体の免疫の初期段階である白血球(私たちの細菌と戦ってくれる兵士でしょうか)を迎え撃ちます。戦いの場所が体外ということもあり長期戦になります。このため病気の経過は長く、30年・40年かけてゆっくり骨の溶ける成人型と呼ばれるものが大半です。しかし、骨がどんどん溶けるケースは侵襲型と呼ばれものや若い時から特徴的に骨が溶けるものもあるので、とにかく早いうちからチェックをしておく必要があります。

お口の健康という観点で考えると、この歯周病で歯が抜けることがとても多いので、この病気を抑えてしまえば多くの歯を守ることができます。

歯周病は、歯が抜けてしまう大半の原因です。

歯周病は歯を支えている骨が溶ける病気です。慢性の病気なのでゆっくりと自覚症状もなく溶けていきます。溶ける量が多くなると、歯を支えられなくなり歯は大きく揺れるようになり結果として抜けていきます。むし歯では、1本1本抜けていきますが、歯周病では何本もまとめて抜けることもあります。

そして、私たちが抜くこともありますが自然に脱落することもあります。歯の抜ける理由の半分はこの歯周病が原因だと言われています。多くの歯が歯周病で抜けていきます。ですから歯周病にならないこと、悪化させないことが歯を残すという観点からとても重要です。

歯周病と歯に加わる力の関係

歯に加わる力という言葉はあまり皆さんには馴染みがないかもしれません。私たち歯科の分野でも最近特にクローズアップされ、その為害性(いがいせい:体に害を及ぼす可能性のこと)について問題にされ、第三の歯科疾患と認識されています。

考えてみれば歯は上の歯と下の歯があり、その噛み合わせにより食事を行っているので歯に力が加わるのは自然のことです。しかし、歯の健康状態(歯そのものであったり、歯を支える骨の状態)が悪いとその力が歯を壊したり、抜くようになったりします。

特に歯周病の悪化があると、この歯に加わる力が骨の溶けるスピードを速めます。ですから、治療を行うときもこの力のコントロールも考えていかないといけません。

歯周病は改善する!

歯周病は気づかぬ内に忍び寄る病気です。成人の約8割が歯周病と言われており、国民病と言っても過言ではありません。歯周病を放置しておくと、最終的には歯が抜けてしまい、生活に支障が出てきます。でも、安心してください。適切な治療とメインテナンスを行えば、歯周病は改善していきます。

歯周病かも?と思ったらお気軽にご相談に来てください。

歯周病のサイン

  • 出血
  • 腫れてきた感じがする
  • 歯が浮く
  • <li口臭が出てくる>

  • 朝起きて口がネバネバしている

一般的に、上記のような症状が見られる方は、歯周病が進行している可能性がありますので、早めの検査をオススメします。

歯周治療の検査

プロービング

プロービングと呼ばれる、骨の溶け具合を調べます。それと同時に、その時の出血と歯の揺れ具合を調べます。この検査は保険で出来ます。

細菌検査

プローピング検査が終了したあとに、歯周ポケット内の細菌を採取し、細菌培養検査を行います。この検査は、プローピング検査で、必要だと思われた方に行っています。この検査は、自費治療になります。

石持デンタルオフィスの歯周治療

生きた菌をどれだけ取れるか?が重要です。

生きた菌を取るためには、ご自身でのセルフケアが欠かせません。
一方で、セルフケアは非常に難しいので、当院では歯科衛生士が患者さんと一緒にブラッシングを行い、ご自身に合ったセルフケアの方法を一緒に見つけていきます。

デブライトメント

デブライトメントとは、歯石の除去などの歯周ポケット内の環境を改善していきます。
スケーラーと呼ばれる器具を使用し、環境の改善をしながら、パーフェクトペリオ水と呼ばれる歯周治療で使われる水を使い、お口の中をきれいな土壌に整えていきます。

それでも治らない場合もあります

重度の歯周病の場合

一般的に使用されるスケーラーでは届かない部分で重度の歯周病は起こります。
その際には、歯ぐきを切開し、切開した部分を徹底的にキレイにして、切開した部分を縫合します。切開した際に、環境が芳しくない場合は、エムドゲイン方を使って治療を致します。

※エムドゲイン法とは

エムドゲイン法は再生療法の一つです。エナメル基質タンパクを使用し、骨組織を活性化させ、増生させることが目的です。

かみ合わせも大切にしています。

歯周病に関する悩みが解消されるだけがゴールではありません。
歯周治療と向き合いながら、治療中・治療後にかみ合わせを意識した治療を行います。
歯周治療とかみ合わせを考えて治療を行うことで、予後、自身を持って食事や談話を楽しんでいただくことが出来ます。

かみあわせ治療についてはこちら

重度の歯周病になる前に・・・

歯周病は、国民病です。成人の8割以上が歯周病と言われております。
歯周病は、自覚症状が出るまでわからない病気でもあります。だからこそ、定期的に歯科医院にかかることを石持デンタルオフィスはオススメします。

PAGE TOP